最新の家庭用防犯カメラは留守中もスマホでチェックが可能

Home Security Camera

家庭用防犯カメラはスマホで確認できます

防犯カメラ

近年空き巣や強盗など一般家庭を狙った犯罪は増えつつあるため、犯罪を未然に防いだり万が一犯罪が起きた時に早期解決するためにも家庭用防犯カメラの重要性が高まっています。家庭用防犯カメラの設置については玄関先や室内など自由に設置ができ、費用も種類によってはそれほど高くないものですが、単に不在時などに不審者や犯罪が起きた状況を録画できるだけでなく、可能であれば外出時に気になった時や侵入者が防犯カメラに察知されたと思われる場合すぐにでも防犯カメラの映像を確認したいものです。
近年そのような希望が多いことから、現在は多くの人が所有しているスマホを活用して遠方にいても家庭用防犯カメラの映像を確認することが可能になっています。
またこの家庭用防犯カメラと警備会社のホームセキュリティを連携させて、不審者の形跡をスマホで確認して気づいた場合には警備会社に連絡して現地に向かってもらうというサービスもあります。
さらにカメラの種類によってはスマホからカメラで写せる範囲を移動させたり気になる場所を詳細に見られるようズームができる機能が付いている場合があり、今後も家庭用防犯カメラとスマホを連携したものは増えていくことが予想されます。

防犯カメラの効果的なつけ方

昨今では自宅にも家庭用防犯カメラをつける家が増えているのをご存知でしょうか。不審者や犯罪検挙率が多くなっていることが要因となっているようで、一家に一台は必要な時代になっています。もしもに備えて自分の家にも家庭用防犯カメラをつけようと思ったとき、どこにつければいいのでしょうか?
まず1番初めに屋外につけるべきなのは玄関です。それだけで犯罪を防ぐ大きな抑止力になります。ダミーカメラだとしても、この家に侵入するのはよそうと侵入者が思うので、置いておいて損することはありません。
また、一戸建てであると、窓やお勝手から侵入される可能性が無きにしも非ずなので、そこにも置いておくに越したことはないでしょう。駐車場や駐輪場に置くと、車上荒らしの被害や、自転車の窃盗を免れる可能性は高くなります。設置する角度も重大なポイントとなっております。光の反射によって逆光になり、映像が記録できなくなってしまっては、防犯カメラの意味がありませんよね?逆光にならない箇所を選ぶとよいでしょう。
また、防犯ステッカーを目につく場所に貼ることでも効果があります。家庭用防犯カメラにセンサーライトを一緒につけることによっても、犯罪率は低くなるでしょう。

急増するご近所トラブルに家庭用防犯カメラ

近年急増しているご近所トラブル。ちょっとくらいの不仲になるなら可愛いもので、中には勝手に敷地内に入られていたなどのケースも少なくはありません。共働きをしているご家庭の場合、家に人がいないことがバレていますので盗難の被害に遭うこともあります。ご近所トラブルの場合は警察も動きにくくなることが多いですよね。そんな時、証拠のある無しによって大きく対応が違うものです。
そこで、家庭用防犯カメラを使うご家庭が増えてきました。あからさまに見えるようにして牽制しているご家庭もありますし、見えないようにこっそり設置しておく方も。後者の場合、既にトラブルの被害に遭っている方が証拠集めのためにこっそりと設置されるケースが多いです。
例えば、庭に誰かが入っている痕跡を見つけたなど。庭に足跡が残されていたことで気付くこともありますよね。家庭用防犯カメラも現在は進化していて、かなり小さいサイズの物も出ています。これならわかりにくいので、壊される心配もありません。
いざ何かトラブルがあった時、証拠はとても大切です。もしかしたら地域の有力者がトラブルを引き起こしている可能性もあります。そういった際に泣き寝入りをしないためにも家庭用防犯カメラは重要なのです。

録画機能付き家庭用防犯カメラは防犯効果が高い

防犯カメラというと、犯罪が起こった際の証拠を映すためにお店などに設置されているのをイメージされるかもしれません。けれども最近は自宅にも様々な理由から防犯カメラを設置するご家庭が多くなってきました。家庭用防犯カメラを設置する理由とはどのようなことがあげられるでしょうか。家庭用防犯カメラを設置する理由の大きなものは、犯罪の証拠をしっかりと録画して残すことができるというところです。万が一犯罪に巻き込まれても、防犯カメラでその映像を録画しておくことで、犯人逮捕へと繋がります。詐欺や悪徳商法など自宅に訪問をして行われる犯罪行為も、家庭用防犯カメラで録画する事ができます。そして、家庭用防犯カメラの設置理由のもう一つ大きなものとしては、設置しておくだけで犯罪の抑止力になるということです。実際、防犯カメラが設置されていると解っている場所では犯罪行為を行おうという気持ちにはなりにくいです。防犯カメラは実際に稼動していなくても、そこに設置をしているというだけで十分に効果が期待できるのです。他にもお子さんやお年寄り、ペットなどの様子を確認したいという時に、外出先から家の中の様子を確認する事もできます。家庭用防犯カメラにはその使用用途がたくさんあるのです。

用途に合った防犯カメラを選ぼう

防犯カメラと言っても、様々な種類があります。屋外用と室内用、珍しいものだとペット専用というのもあります。そんな中で、防犯カメラを選ぶときに押さえておきたいポイントを紹介します。画質は用途に合っているものを選びましょう。用途に合っていない画質の防犯カメラを選んでしまって、撮影すべき対象物がしっかりと目で確認できない…